使い道が広い!吉野家ホールディングス株主優待が到着!

スポンサーリンク

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。プロフィールバナーなど応援クリックいただけると嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村  

株主優待の定番と言っても良い銘柄、吉野家ホールディングス(9861)から優待券が届きました!

スポンサーリンク

株主優待の内容

自社系列店舗で使える食事優待券(1枚300円の優待券)

3,000円分:100株以上
6,000円分:1,000株以上
12,000円分:2,000株以上

【権利確定月】
2月、8月(年2回)

私は100株保有しているので、3,000円分の優待券となります。

デザインは毎度同じです。

なおこちら、3,000円分をそのまま送り返すと「缶飯 4缶セット」という商品と交換も可能。非常用保存食として、牛丼・豚丼・焼き鳥丼・豚生姜焼丼の缶詰(各1缶)がセットになっているものです。

味が気になるところですが、我が家は吉野家とはなまるうどんで消化予定です。

吉野家やはなまるうどんにあまり行かない方は、備蓄がわりに注文しても良いかもしれませんね。
ただし送り返すために切手代は必要なのでご注意を。

株式データ

※データは2020年11月13日時点のものです。

【株価】
2,007円

【年間配当予想】
5円~10円

【配当利回り】
0.25% ※年間配当5円として計算。

【配当+優待利回り】
3.24% ※年間配当5円として計算。

管理人のコメント

吉野家ホールディングスの月次実績は、10月度にようやく全店・既存店とも前年比プラスとなりました。

前年は増税影響があったのでその反動?と思い2019年10月の月次も確認しましたが、その時も2018年度比で全店110.4%、既存店108.2%の好実績でしたので、着々と業績は戻ってきているようです。

なお好調の原因は客単価の伸びにあるようで、10月5日から販売した「牛すき鍋膳」「黒毛和牛すき鍋膳」が良く売れた事が要因の模様。

コロナ禍でどうしても客数減は避けられないので、各社訴求力のあるこだわり商品をリリースして何とか売上維持を図っているようですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました