株価下落中のマザーズ銘柄が株主優待を導入!

スポンサーリンク

にほんブログ村に参加しています。「いいね」代わりにプロフィールバナーを応援クリックいただけると嬉しいです!


PVアクセスランキング にほんブログ村

2022年1月27日の日経平均株価は大幅安。FRBがインフレの抑制を積極的に進めるという見方から警戒感が広がり世界各国で株価が下落しました。

しかし日本株は他国に比べて下げ過ぎ。「岸田ショック」という言葉も方々で飛び交っており、非常に先行きが不安です。

…さてさて話は変わり、ネット広告の販売代理事業などを営むジーニー(6562)。

この銘柄が2022年1月27日の場中に株主優待制度の導入を発表しました!その内容はいかに??

スポンサーリンク

株主優待の内容

プレミアム優待倶楽部のポイント進呈。

保有株式数進呈ポイント数
300株以上 4,000P
400株以上6,000P
500株以上10,000P
1,000株以上20,000P
5,000株以上30,000P
100,000株以上40,000P

もしジーニー株を購入する場合、利回りを考えると500株か1,000株の保有がベストですね。

株価自体は3桁で手ごろなので手は出しやすいと思います。

株式データ

※2022年1月27日の終値で計算。

【株価】
672円

【年間配当予想】
0円

【優待権利確定月】
3月

【配当+優待利回り】
最高で2.99%
※500株or1,000株保有時

管理人のコメント

今流行りのプレミアム優待俱楽部の銘柄がまた1社誕生しました。

この制度の特徴は、優待が頂ける最低保有株数を300株など複数単元に設定しながら、最高利回りとなる株数を1,000株前後に設定する銘柄が多い事。

安定株主を確保して株価を維持向上し、反面株主数を増やしすぎないようにする工夫が垣間見えますね。

ちなみにジーニーの上場以来のチャートはこちらです。

初値を付けた頃がほぼ天井で急降下⇒昨年1,500円を超えたのですが、その後また下落基調ですね。

しかしジーニーは浮動株数が約360万株と少ない(単純計算で7,200人が500株買えば枯渇)ので、注目度と共に大きく株価が上昇するかもしれません。

それでも改悪・廃止のイメージも強い優待倶楽部なので私は見送りしたいと思います。


さて、私も利用を始めたので宣伝です!

今話題の資産管理・分析アプリ「カビュウ」はもうお使いですか?

【特徴】
・グラフやヒートマップで試算変動が分かる
・投資信託にも対応
・証券口座との自動連携で手集計は不要
・保有株の適時開示を見逃さない

【更に有料のプライム会員になると】
・米国株対応
・月間、年間単位での損益確認
・複数名義の口座をまとめて管理
・投資家偏差値の確認 など

今後は配当金管理機能も追加予定の事です。

複数存在する資産管理系アプリの中で自分に合ったものを見つけるため、まずは一度使ってみましょう♪ダウンロード後、紹介コード4文字⇒zCSsを入力すると無料で2ヶ月プライム会員のお試しも可能です。

とりあえずダウンロードはこちら(無料)

※PCの場合、二次元コードが表示されますのでスマホでそちらを読み取ってダウンロードをお願いします。


特別企画!なんと1,500円相当の本が「無料」で頂けるチャンスです。無料で効率よく資産運用の学習や心構えを身に付けませんか?

こちらから対象の本が確認できます。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

株式ニュース
スポンサーリンク
ほっすんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました