(島根・鳥取)激安で温泉旅行へ行ってきた【後編】

スポンサーリンク

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。「いいね」代わりにプロフィールバナーなど応援クリックいただけると嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村  

前回の記事では寿スピリッツ(2222)系の「寿製菓」が運営している【お菓子の壽城】と、鳥取県米子市にある【ジョイフル(9942)】の訪問について紹介いたしました。

今回はその続き、後編の日記です。

スポンサーリンク

行程3:水木しげるロード(鳥取県境港市)

ジョイフルで昼食後、途中寄り道しながら車を走らせて「水木しげるロード」へ。

境港駅から約800メートルほど、道の両側に妖怪のブロンズ像が鎮座している道です。

境港駅前のポストには、ハガキに乗った鬼太郎と目玉のおやじが。

そして漫画を描く水木先生の姿。

ねずみ男さん、机に座ってはいけませんよ。

少し歩いていくと、大小さまざまのブロンズ妖怪たちが出迎えてくれます。

鬼太郎も西日が差して暑そうです。
妖怪ブロンズ像は過去何度か破損・盗難の目にあった事があります。

途中で「妖怪神社」があるのですが、そこにパワースポット「御身体の目玉石」というものが置いてありました。

あまり迷信は信じない方ですが・・・

そこから更に歩いていくのですが、西日が強くて暑く、子どもも「疲れた」と言って機嫌が悪くなってきたのであまり写真も撮れず。

ここでは特にお土産も買わず次の目的地へ移動しました。

行程4:江島大橋

江島大橋は、2013年に自動車のCMで「ベタ踏み坂」として有名になった、島根県松江市と鳥取県境港市を結ぶ橋です。

ベタ踏み坂は島根県側から江島大橋を眺めると出現。

ちなみに、ベタ踏み坂の勾配は6.1%(100m進むと高さが6.1m上昇する)。この6.1%を角度にすると3.5度ほど。

よく見る急角度の画像を見ると45度くらいあるように錯覚してしまいますが、実際はこんなものです。
※島根県側の「大根島」からズームで撮影すると、急角度の画像が出来上がるようです。

山あいの地域では、これより急角度の道路は多いですよね?

車で通行しても特にキツい坂というわけでは無いです。

近くからスマホで撮影すると、こんなものです。カメラのマジックには驚かされますね。

行程5:松江しんじ湖温泉「すいてんかく」

チェックインから温泉へ!

今回の目的地はこちら、「松江しんじ湖温泉【すいてんかく】」。私は10月上旬に予約し、その時点ではまだ部屋も空いているようでしたが、その後一気に全て満室となる人気ぶり。Gotoトラベルの影響もあるのでしょうね。

決して新しい建物ではないですが、部屋はとてもキレイでした。

チェックインは16時からですが、我が家はそこから少しだけ遅れて来訪。玄関前の駐車スペースは埋まっていましたので、確かにお客さんは多そうです。

部屋についてしばらくすると、部屋から宍道湖に沈む夕日が見えたので写真を一枚。

ちょうど真ん中から少し右に、沈む夕日が見えます。湖畔にはカメラ撮影者も複数いらっしゃいますね。

一休みした後、早速温泉へ。お風呂の画像は撮影できないので割愛しますが、入浴客は10人程度・お風呂の広さもしっかり確保されているので、ゆったり入る事が出来ました。

スーパー銭湯だと、下手すると「芋の子を洗う(人でいっぱい)」ような状況となるので、リラックス度は比べ物になりません。

お湯の温度も熱すぎず、子どももスムーズに浸かっていました(広いお風呂と湧いて出てくるお湯が嬉しいようでした)。

夕食から夜の温泉♪

夕飯は指定されたテーブルでの食事。和牛のプランで宿泊していたので、和牛しゃぶしゃぶ・和牛ステーキ・和牛野菜巻き天ぷらなどのコースです。

メニューはこれで全部ではないですよ。

上の画像の他に、ごはん・シジミの吸い物・茶碗蒸し・和牛野菜巻き天ぷら・デザートも出てきました。

子どものメニューは、和牛は全く同じで大人向けの小料理がハンバーグ・エビフライ・唐揚げに差し変わっています。

大人でもこちらの方が良いという方も多そう。中高生にはたまらないか?

むしろ大人よりボリュームがあり、うちの子には多すぎるくらい豪華!

下の子は料理無しで予約していましたが、子ども同士で取り分けてちょうど良い分量でした。

ここから下はメニューのアップ画像や、写りきらなかったメニューの一部です。

和牛しゃぶしゃぶのお肉をズームで。
和牛ステーキ!
これが和牛野菜巻き天ぷらです。
宍道湖といえばしじみ。一般的には味噌汁ですが、珍しいお吸い物です。

疲れた子どもが寝た後、今度はひとりで再び温泉へ。

少し遅めの時間と言っても夜10時台でしたが、全く入浴客がいない状態で湯船を独り占めできてラッキー。こんな経験はなかなか出来ない?ので、いつもより長く温泉に浸かり続けました(最後までお客さんは入ってこなかったです)。

そして翌朝(温泉~朝食)

6時に目が覚めると子供も起きてきたので、一緒に温泉へ。さすがに無人ではありませんでしたが、数名しか入浴客がおらず、これまたゆっくりと温泉を満喫できました!

朝食はコロナ感染防止のため、バイキング形式でなく事前におかずが提供された形での食事です。
※ごはんのお替わりと飲み物は自分で取りに行くようになっていました。

朝はしじみの味噌汁ですね。出汁が良く出て美味しいです。

ご飯が進む佃煮や明太子が出てきたので、朝から茶わん3杯分も食べてしまいました。

ご飯に合うおかずをアップで撮影。

そして食後チェックアウト時間の10時までゆっくりしてから出発。自宅まで寄り道せずに帰宅しました。

管理人のコメント

今回は思ってもみない形で激安温泉旅行へ出かけられラッキーでした。

出来ればもう一泊…と言いたいところですが仕事のためそうもいかず。ただ人のいない温泉の気持ちよさは本当に格別で、日頃のストレスを解消する事ができたので十分です。

なお我が家はあまり旅行に行く機会が無いと言いつつ、一応次回は1月に「リソルホールディングス」の株主優待を使った旅行を計画中。

Gotoトラベルプランで激安なので、それまでにコロナやインフルが大流行しない事、そして自分自身が病気にかからないよう細心の注意を図りたいです。

▼前編は寿スピリッツ(2222)系の施設やジョイフル(9942)へ立ち寄った際の日記です。あわせてどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました